ハイスペ男を捕まえたい平凡婚活女子必見!ハイスペ男の落とし方

ハイスペックな男性とどうしても結婚したいという女性が世の中にはいるようです。
そんな人の為に、ハイスペック男の嫁達はどんな人かを検証しつつ、対策を勝手に考えましたので、必要な人は参考にしてみてください。
本題に入る前にハイスペック男(以下ハイスペ)の定義をしておきましょう。
とりあえずこんな感じか。

高学歴:東大・京大等の旧帝大系、一橋、東工大、早慶もしくは海外の有名な大学
収入:年収1,000万円以上
仕事:商社、コンサル、PEファンド、投資銀行・FAといった多忙かつ若手は奴隷のように働く系

これらのハイスペ男達も30歳過ぎたあたりから結婚し始めます。
そんなハイスペ男はどこでどんな人に出会い、どんな方と結婚するのでしょうか。

スポンサーリンク

ハイスペ男は嫁と社内で出会うか合コンで出会うことが多い

同僚のハイスペ女子と結婚する
意外と同僚と職場結婚は多いです。
同僚と言っても、総合職のバリキャリ女子と結婚することもありますし、一般職の女子と結婚することも両方あります。
実際に両方のケースを身内で何人も見てますし、逆に、売れ残らない高学歴ハイスペ女子は大抵同僚のハイスペ男と結婚しています。
ハイスペ男を捕まえるには、ハイスペ女子になるか、ハイスペ男子が集まる会社に就職しましょう。
日常的にハイスペ男子がいて、時間を共にする環境を手に入れるのです。
それだけでチャンスが上がります。

合コンで知り合う
やはり出会いは、これが圧倒的にメジャーです。
Tinderが流行ろうが恋愛工学が普及しようがやはり知り合い同士でご飯を食べるというシンプルかつ自然な出会いは廃れません。

しかし、「じゃぁ、合コン行こう!」と思った女子は安易です。

この手のハイスペ会社では、年に1回ぐらい家族を呼んでファミリーイベントがあるのですが、そこでハイスペ男の嫁達を生で見ることができます。
皆さん、すげぇ美人です。まじで。
イケメンがモテるのと一緒ですね。すげぇ美人じゃない人は諦めましょう。
以上!

これで終わってしまうと不満しか残りませんので、もう少し考えましょう。

自信がなければ、ハイスペ男と対等になるように努力しよう

飛び抜けた美人でも無いし、自分はハイスペ女子でもないという方は、どうすればよいのでしょうか。
ハイスペ男が面白いと思うような人になりましょう。
見た目にコンプレックスがある芸人さんがトークの力でのし上がるのに近いものがあります。

ハイスペ人材との共通のアジェンダが持てると強いです。
(アジェンダ???と思った方は、ググりましょう。それすら出来ないなら、そもそも無理です。)

ハイスペ男との共通の鉄板アジェンダはビジネスだったりします。
ビジネスネタはハイスペ男の好物です!
「こんな市場でこんなサービスをする事業がやりたい!」みたいな話題を振れば、勝手に業界構造について語り始めます。
このモードに入って会話のキャッチボールが出来るようになると他のキラキラ女子とは差別化が出来るようになります。

結論:自分でビジネスをやれば、ハイスペ人材からも一目置かれるようになる

結論から言います。事業を自分で起こしましょう。
hatarakiman
個人事業主で何かを売買しても良いですし、トレダーでも、ブロガーでも、XXX屋さんでもなんでも良いです。
自立しましょう。
自立して対等に議論出来るようになりましょう。
ハイスペ男のコンプレックスは、所詮サラリーマンという点です。

これをもっとも刺激するのは自営業や経営者だったりします。
とにかく自分がオーナーとして事業をしている人はリスペクトします。
上から目線で「まだ社畜として働いて消耗してるの?」とか「給与所得者の限界だよね(笑)」とか「自分で起業する勇気もないんでしょ?」と言って、ハイスペ男のコンプレックスを刺激しましょう。
マゾっけのあるハイスペ男はこの時点でクラクラきます。

anzen

ん?
事業を自分でなんて出来ない??
ハイスペ男と結婚したいなら、それぐらい努力して捻り出しましょう!!
なんだって良いんです。
何も無いならその程度だし、諦めて競争の激しいレッドオーシャンで頑張ってください。

逆に、自分で事業を始めて個人事業主なり社長なりになって自立すれば、合コン以外の出会いも増えるでしょう。
ビジネスが軌道に乗ればハイスペ女子へのコンプレックスも見た目だけの美人に対するコンプレックスもなくります。
むしろハイスペ男に興味が無くなるでしょう。

役に立ったかわかりませんが、私なりに真面目に考えました。
ハイスペ男を捕まえたい女子は、自立しましょう。

Twitter経由でもなんでも良いの遠慮無く質問どうぞ。
(きっと誰も来ない)

ハイスペシリーズを合わせてどうぞ。




スポンサーリンク

フォローする