仕事ができないポンコツ野郎にならないためのチェックリスト

これまでに、クライアント、チームメンバー、投資先の方、共同投資家、ファンド出資者の方といった様々な方々と仕事をさせて頂く機会がありました。
とっても優秀で尊敬出来る人もたくさんいましたし、二度と顔も見たくないような方もいらっしゃいました。
その中でもいわゆる”ポンコツ”な方々もいて、その方々に共通することが多くあったので、反面教師の意味も込めてまとめてみました。
この”ポンコツ野郎あるある”をみて自分が大丈夫かチェックしてみてください。
大丈夫そうであれば、本質である仕事にじっくり取り組みましょう。

スポンサーリンク

持ち物・見た目:プロは日々のメンテナンスを怠らない

    持ち物編

  • PCのデスクトップがファイルだらけでぐちゃぐちゃ
  • PCのキーボード周辺やモニタが凄く汚い
  • PCや携帯のバッテリー切れがよく起きる
  • 携帯の電話帳が整理されていない
  • 名刺切れがよく起きる
    見た目編

  • 清潔感がない
  • ワイシャツやスーツがヨレヨレ
  • 靴が汚い
  • 臭い

持ち物や身に付ける道具、自身のメンテナンスはプロフェッショナルとしての基本です。
プロの料理人が切れない包丁を使わないですし、プロの音楽家は鳴りが悪い楽器は使いません。
ビジネスマンであれば、PCの状態や服装です。
全ては、日々のメンテナンスの良さから来ています。

段取力:事前準備を怠らず、対応は迅速に

    仕事の基本編

  • 良く遅刻する
  • 飲み会や会食の予約が遅く、幹事を任せるとなんだか不安
  • 予定を立てられない
  • メールの返信が遅い
  • 電話に出ないことが多く、折り返しも来ない

段取力とでも言うのでしょうか。
何事も準備をしっかりすることと迅速に対応することで安心感が生まれ、信頼感が醸成されます。

資料作成:不要な所で違和感を感じさせない

    ドキュメント編

  • 段落がガタガタだったり資料の体裁が整っていない
  • 半角と全角が入り乱れていて読みづらい

見やすい資料というのは、美しいものです。(もちろん中身がよくねられていることが前提ではありますが)
箇条書きなのにインデントがずれていたりすると気になって中身が入ってきません。
そういう状態に相手をさせてはいけませんし、変なところで「?」と思わせてはいけません。
本質の議論をしたいなら、変なところで疑問を持たれないようにしましょう。

要は基本的なことをしっかりやりましょうということ

そんなに難しいことは言ってないと思うのですが、それでも出来ない人が意外といます。
あなたの周りにもいませんか??
要は”仕事が出来ないポンコツ野郎”と言うのは、基本的なことが出来ない人のことです。
こういう話をすると「本質や中身が大事だ」と言った意見が聞こえてきますが、この程度のことすら出来ない人には本質や中身を語る資格はありません。
そういう方は、人とまったく接しないデイトレーダーやブロガーといった人と接点がなくても出来るような仕事をされたほうが幸せになれます。
独りよがりにならずに他の人がどう感じるかも考慮した上で、ポンコツ野郎にならないように注意しましょう。

合わせてどうぞ

http://www.gekimu.com/
スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. […] 仕事ができないポンコツ野郎にならないためのチェックリストhttp://www.datsusala-blog.com/professionalism/363/ snarsy / Pixabay これまでに、クライアント、チームメンバー、投資先の方、共同投資家、ファンド出資者の方といった様々な方々と… www.datsusala-blog.com(このサイト内)  […]