愛人・不倫スキャンダルで悩む人は三木武吉に学べ!

こんにちは。

都知事選も盛り上がってきましたが、鳥越さんの目を覆いたくなるようなスキャンダルがたくさん出てきて、もはや選挙どころじゃない気がしますね。
スキャンダルは、今まで築いたものを一気に失わせるぐらいの破壊力があると思いますが、そんなことを屁とも思わないすごい人がいました。
三木武吉です!

Wikipedia

スポンサーリンク

妾は4人ではなく5人だ!!愛人の数を間違えるなと一喝!

「私の前に立ったフケ(=福家)ば飛ぶような候補者がある有力候補と申したのは、不肖この三木武吉であります。なるべくなら、皆さんの貴重なる一票は、先の無力候補に投ぜられるより、有力候補たる私に…と、三木は考えます。なお、正確を期さねばならんので、さきの無力候補の数字的間違いを、ここで訂正しておきます。私には、妾が4人あると申されたが、事実は5人であります。5を4と数えるごとき、小学校一年生といえども、恥とすべきであります。1つ数え損なったとみえます。ただし、5人の女性たちは、今日ではいずれも老来廃馬と相成り、役には立ちませぬ。が、これを捨て去るごとき不人情は、三木武吉にはできませんから、みな今日も養っております」

これ凄くないですか??
時代もありますが、今もこのぐらい開き直ったら私は「いさぎ良いなぁ」と思いますし、そもそも政治やるのに愛人がいる・いないは関係ないですよね。

大統領にも愛人がいる

フランスのシラク元大統領やミッテラン元大統領も愛人がいることで有名でした。フランスも国民性なのでしょうか、それほどそのことについては騒がないようです。そして、現在のフィリピンの現役のドゥテルテ大統領も3人?の愛人がいて、そのことを公言しています。

こんな偉大なる人生の先輩方の例をあげて、「愛人ぐらいいてもいいじゃん」と言いたいわけではありません。
愛人がいることと仕事ができることは別!!と言いたいのです。

鳥越さんもいろんなスキャンダルが出てきますが、「都知事として政策を実行していくことに何の関係があるのか!!」ぐらい言い返して欲しいです。(鳥越さんが知事に相応しいとは一言も言ってません!!←重要)

そして、愛人スキャンダルで肩身の狭い思いをしている人も皆さん言ってやってください。

「仕事とは関係ない!」と。

以上、「愛人スキャンダルで悩む人は三木武吉に学べ!」でした。

スポンサーリンク

フォローする