投資銀行・投資ファンドに入社した新人におすすめする本

medium_2544037441

せっかくなので投資ファンドで働く人の必読書もあげておきます。
若干古い本が多いのは、結構前にファンドの世界を離れちゃったからです。ゆるしてください。


投資銀行、投資ファンドの必読書ですね。
契約の構成やプロジェクションシートの内容等、必要なことは全て入っています。
これを読んだことが無い人は、今すぐ読みましょう。


怪しい優先株で複雑なスキームを組んで利益を確保することを考える必要があるなら、この本で調べて優先株を設計しましょう。
だんだん顔が詐欺師のようになってきますが、会社法を駆使してハゲタカとして生きてください。
私はなりきれなくてやめましたが。



2000年代前半を投資ファンドで過ごした人にとっては、元ネタのディールがだいたいわかりますね。
まぁ、ファンド業界の人は読んでる人が多いのとファンド以外でも名前は知っているので引き出しの一つとして必要です。
気に入ったら、2とレッドホースも読みましょう。
ん??古い??
最近のがいいならファンドじゃないけど半澤直樹でも読みましょう。


まったく有名ではない本ですが、とあるディールを元ネタに書かれたと言われる本です。
ファンドサイドの人は、”買われた人達の視点でどう見えるのか”というのを学ぶにはいい本。
意外と買われる側からの情報は世の中に出回っていないので貴重です。

課題図書はまだまだ沢山あるのですが、とりあえず今回はここまで。

スポンサーリンク

合わせてどうぞ

コンサル・ファンドでの激務を通じて培った激務を涼しい顔で乗り切る為のノウハウをまとめました。
合わせてお読みください!
http://www.gekimu.com/

スポンサーリンク

フォローする