HDDを物理破壊して廃棄した話

こんにちは、taikiです。

今年のテーマの1つに断捨離があります。
これまではこまめにやってきましたが、今年はこれまで億劫で逃げていた大物の処分をしたいと思います。

その大物の1つが古いHDDと古いノートPCです。ノートPCはLet’s NoteとSONYのVAIOが各一台、用量は今となっては小さいがゴッツイHDDが5つ、ミニサイズが2つという構成です。

ノートPCはメーカーで回収、HDDは物理破壊後に燃えないゴミとして処分の方針です。HDDに関しては、ネットで買物していたり、ネットバンクやネット証券を使っていたこともあり、流石にそのまま捨てるのは嫌なので、物理破壊をすることにしました。

スポンサーリンク

ノートPCの処分

まずはHDDを引っこ抜く作業が必要です。裏面のネジを外すと意外と簡単に外せます。

メーカーに回収を依頼しましたが、パナのLet’s Noteはネットで型番を入れて手続きが完了。あとは郵送用のラベルを待つだけです。
しかし、SONYに関しては大変です。ネットから申し込めるのがWindowsマシンだけというまさかの仕様でした。Mac OSしかない我が家からはどう頑張っても申し込めない仕様なのです。その変わりに用意されていたのがなんとFAX。

2019年になってもFAXですよ。

なぜMacからのSONYのVAIOの回収を依頼出来なくするのか意味がわかりません。そんなにSONYはAPPLEが憎い??器がちっちゃいなぁ。
なんだかSONYが嫌いになっちゃいました。

幸いにも家にはまだFAXがあったので何年かぶりにFAXを送りました。気分的には昭和。FAXは平成初期までは活躍してた気がするけど、クラウド・スマホの時代からみると昭和ですね。

HDDの処分

HDDは有楽町のソフマップ5Fで物理的に破壊してくれるサービスがあります。1台930円で7台やってもらいました。
そのHDDの屍がこちら。

Before

After

サクッとやってくれるので、空いている時間を狙えば10分もかからずに終了です。

まとめ:ゴミは貯めないほうがいい

HDD7台って異常ですよね。学生の頃からだからもう10年以上家に放置されていたわけです。大したことないのですがこういった積み重ねの先にゴミ屋敷があるのでしょう。

今年の目標として不要物の処分を掲げましたが、大物は今月中に片付けちゃいたいですね。

今年もよろしくお願いします。

スポンサーリンク

フォローする