みんなに理解してほしいので「カエルの楽園」が地獄と化す日が5分でわかるようにまとめた


こんにちは、taikiです。

以前、カエルの楽園が素晴らしい本ということはブログで触れました
全日本人に読んで考えて欲しい本です。
そのカエルの楽園を現実に当てはめて考察している本がこちら。


この本の内容が凄すぎるので、ぜひ皆さんに読んでほしいです。

スポンサーリンク

読まない人の為にまとめた

本は読まない人、読みたいと思っていてもなんとなく過ぎ去ってしまう人もいるでしょう。
私も読みたいなぁと思っていても読まずに終わってしまう本が何冊もあります。
そんな人達に向けて、書いてある内容を5分でわかるようにスライドでまとめました。

事実の積み上げに基いて仮説を構築しているので、具体的でリアルな所が恐ろしいのです。
この本を予言の書にならないようにするためには、バカのひとつ覚えのように「戦争反対」と繰り返すのではなく、我々国民が憲法9条に向き合って日本の安全保障について真剣に考えるべきでしょう。
国際世論や国際法が頼りにならないことは既に、ウイグルやチベットでの出来事や仲裁裁判所の判決を無視する中国の姿勢を見ていれば明らかでしょう。
日本が攻め込まれても国際世論は中国の批判をするだけ、「国際法違反だ!仲裁裁判所に訴える!!」といっても判決は無視されます。

逃げずに戦いましょう。
本当に戦争を回避するのは軍隊を持つことなのか軍隊を持たないことなのか、真面目に考えましょう。
日本は中国と違って国民がどちらかを選択することが出来ます。
後世に、「21世紀初頭のあの判断は間違っていなかったよね」と子孫たちに誇らしく思ってもらえるような選択をしましょう。

そのためにもぜひ、カエルの楽園及び「カエルの楽園」が地獄と化す日を読んで考えてみてください。
それこそが、日本の未来をつくります。

スポンサーリンク

フォローする