自動車の自動運転がどんなふうに普及していくか考えよう

車の自動運転は普及すると思いますか?
慎重で腰が重たいTOYOTAが実証実験を開始するぐらいなので、近い将来に普及する可能性が高いのでしょう。
それに伴って、著名な起業家やブロガーが自動運転をネタに取り上げて未来像について議論が始まりつつあります。

そんな自動運転もどうやって普及して、世の中の何が変わるのかコンサル的にブレイクダウンして考えてみましょう。

自動運転と言っても「どこで」「何を運ぶか」によってこんなにも違う

車の自動運転に入る前に、車の目的とは何でしょうか。
“ステータス”とか”持ってるとモテる”とか思い浮かべた人は、バブル世代のオッサンですね。
本質的には”移動する”ことですね。そして移動するのは、「ヒト」か「モノ」です。(他にもある場合は、こっそりと教えて下さい)
次に車が走る際のルールが定められていますよね?道路交通法です。その対象外の私有地ももちろん走りますが、主に一般道、高速道路といった道路を走っています。
コンサル的にブレイクダウンするには、このあたりを切り口に自動運転を整理するとすっきりしそうです。

こんな感じに自動運転を分けて議論すると考えやすいでしょう。
matrix1

このように整理すると参照先にあるウイリアムさんは都心部でのヒトに関する将来像を取り上げていて、ちきりんさんやイケダハヤトさんは、ヒトとモノの両方を高速道路、一般道両方の視点で取り上げています。
自動運転と言っても切り口がたくさんあるので、全体像を整理した上で、どこの何について議論しているのかを明確にすると分かりやすいです。

「モノ」の「私有地」、「モノ」の「公有地・高速道路」から普及が始まる

私は、上記マトリックスにふった数値の順番ごとに自動運転が普及していくと考えています。
多分思考の順番はこんな感じ

ヒトよりもモノの方が簡単に始められそうだ

道路交通法とかルールがない私有地からやってみよう

公有地でやるなら、運転が簡単そうな高速道路から試すのが無難そうだ(イマココ)

一般道でも地方は都心部よりも交通量が少ないからやりやすそうだ

そろそろヒトを乗せてやってみようか

安全面や取り組みやすさの観点から「ヒトよりモノ」、「公有地よりも私有地」、「一般道よりも高速」、「都市部よりも地方」といった難易度(技術、ルール共に)が低そうなところから取り組みますよね。

それを裏付けるように「モノ」「私有地」では、既に自動運転が実施されています。
コマツでは、建機で既に自動運転を導入しています。
チリの鉱山で導入済みの話は知っていましたが、2005年からやっているんですね。はやッ!!

そして、倉庫内の作業には欠かせないフォークリフトなんかも既に自動運転が導入されています。フォークリフトにカメラと画像認識装置が付いているんだとか。

一方で、高速道路は比較的シンプルな作りになっているので、取り組みやすそうな気がしますよね?
地方は都市部に比べて交通量が少ないという取り組みやすさと人材不足の2つの観点から進みそうです。

逆に都市部なんて出来るようになるんでしょうか。
どう考えても金曜夜の新宿靖国通りなんて自動運転できると思えない(笑)
運転したことがある人ならわかると思いますが、荒っぽいタクシーや突然ヒトが飛び出してきたり、車の数がすごかったりと普通じゃないです。あの中でも自動でいけるとしたら本当に凄い。

雇用問題的にも高速の長距離トラックから自動運転に置き換わる

次に雇用面からも考えてみましょう。
こういう自動化技術が出てくると必ず出てくる議論に「ヒトの雇用を奪う」問題があります。
「ヒト・一般道」を中心に運営する自治体系のバス会社は、「ヒトの雇用を機械に奪われるとはけしからん!!」とか「事故があったらどうしてくれるんだ!!」と言うと騒ぐ既得権益に群がる妖怪が発生する危険地帯です。ゾンビ化した自治体が関わっている交通機関は(技術的な問題がクリアされても)とてもじゃないけど自動運転が普及するとは思えません。

一方で、「モノ・高速道路」の民間企業主体です。
こちらは、ヒトの雇用を奪う的な議論はあまり起こらずに自然と切り替わっていくのでしょう。
個人事業主や中小企業の運転手さん達は(フィジカル的にもメンタル的にも)物凄くタフですし、日常的に競争環境に晒されているので、文句を言う暇があったら考え方を変えて、次に備えることが予想されます。

結論:自動運転はモノを運ぶ物流から!

何かとワクワクさせる自動運転ですが、課題も山積みで、事故が起きた時の責任問題や保険といったルールの整備が必要です。
とは言え、安全面や雇用面からも「モノ・高速」の物流業から始まると思われます。
2020年とかには始まっていて欲しいです。その一方で、ヒトを自動運転で運ぶのはまだ10年以上かかるんでしょうね。
この予想がはずれてもっと早く普及すると嬉しいです。

参考文献:
http://diamond.jp/articles/-/81152 http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20151103 http://www.ikedahayato.com/index.php/archives/28587 http://biz-journal.jp/2013/10/post_3120.html

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. […] 自動車の自動運転がどんなふうに普及していくか考えようhttp://www.datsusala-blog.com/economics/461/車の自動運転は普及すると思いますか? […]