世界文化遺産の力は偉大か!?広島市・宮島の外国人観光客率に驚く

IMG_2220
今週、休暇をもらって2泊3日で広島に行ってきました。
目的は宮島と原爆ドームとマツダスタジアム。
広島は一度行ってみたかった場所ですね。

初日:羽田→岩国→宮島
2日目:宮島→広島
3日目:広島→羽田
マイルも余っていたので、飛行機で行きました。

IMG_2223

IMG_2232

原爆ドームも記念館もマツダスタジアムも良かったのですが、今回特によかったのが宮島です。
鳥居も厳島神社も当然なのですが、もっとも感動したのは、宮島における外国人の多さ。
中国、韓国はもちろん、ヨーロッパ、アメリカとこれでもかという外国人の多さ。
この小さな宮島になぜ外国人観光客がこんなに来るのか不思議でしたが、私なりに仮説を立ててみました。

1.世界文化遺産という称号
広島には、原爆ドームと厳島神社という世界遺産が2つもあります。
世界文化遺産という称号が持つ力がとっても偉大なんじゃないんでしょうか。
もちろん、原爆投下という暗い過去にもめげずに、それを全面に世界平和を訴えて資料館も整備してという努力は当然あります。

2.広島の観光局(?)のマーケティングが旨い
旅行会社なのか広島の観光局なのかわかりませんが、きっとそういう人たちの影の努力が功を奏していたのでしょう。
宮島と広島を海外にうまくアピールしたのでしょう。
SEOとか海外メディアへの地味な営業活動が蓄積されて、ジワジワと効いて来たのではないでしょうか。

3.現地での外国人に対するサービス
当然、現地ではマルチ言語対応も進んでいます。
私の宿泊したホテルでも中国語が出来るスタッフはいましたし、街の至る所で少なくとも英語、中国語、韓国語対応をしています。
このあたりのガイドがあるのと無いのとでは、帰国後の外国人の口コミにも大きな違いがあるんじゃないでしょうか。
私も海外に行って、日本語ガイドがあったりすると使わなくても嬉しかったりするし。

きっとこれらの要素が全部合わさっているんでしょうが、世界文化遺産という称号の持つ力が一番大きそうな気がしますね。とりあえずガイドブックには、世界遺産だったら掲載されるし。
だから岩手の平泉とか長崎の軍艦島がニュースになるし、地元の方々も必死なんですね。
確かにこれだけ観光客が来たら、その経済効果は大きい。
その街で1泊して、飯食ってお土産買って30,000円と仮定して、年間400万人(宮島の年間観光客数)とすると1,200億円!!
少なく見積もっても数百億円規模の効果があるわけですね。
もちろん、1.世界文化遺産だけでなく、2,3の努力も継続の為には重要であることは言うまでもありません。

なんてことを考えながら、広島焼きとマツダスタジアムでの野球観戦も合わせて楽しみました。
旅行をするとこういう東京にいると考えないことも無駄に考えるので、楽しいです。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. […] 先週、休暇をとって広島に行ってきました。(詳しくは、最近まめに更新するようになった非音楽ネタブログにて) 旅行にMac Book Airも一緒に持って行ったのですが、ホテルで想像以上にApple Musicが活躍してくれました。 […]