年収1000万円で愛人を持つことがどれぐらい大変か定量的に計算してみた

こんにちは。
金融日記をご存知ですか??
面白いので私も読んでいます。

最近のエントリー「サラリーマンと結婚するのと金持ちと不倫して子供を生むのとどちらが得なのか?」が興味深くて、少しこれについて考えてみました。

年収600万円の男性が結婚のオファーを出してくれているなら、年収が1000万円以下の男では不倫する価値はない。しかし、年収600万円の男性と結婚するよりは、年収1,000万円以上の既婚者と不倫をして子供を産んだほうが得することになる。

↑年収1,000万円の不倫の実現可能性についてどのぐらいリアリティーがあるか気になったので、考えてみました。

スポンサーリンク

年収1,000万円の男はそのお金をどうやって使っているのか

私は1,000万円では足りないと思います。
なぜなら、年収1,000万円と言っても、手取りと自分の生活費を考えると意外と手元に残らないからです。

1,000万円とすると手取りは700〜800万円ぐらいですよね。
条件によって手取り額は異なりますので、仮に750万円としましょう。
この手取り750万円の人は、どのようにお金をつかうのでしょうか。
比較的堅実な方の事例を見てみましょう。

前提条件:
男は、商社とかコンサルとかいわゆるハイスペ男。
サラリーマン。
既婚。
家は賃貸。
財布は別だが、家にまつわるコストは旦那負担。
嫁は働らいているが小遣いとして、全額自分で自由に使う。

ざっくり試算

  • 家賃 2,400,000円
    家賃20万円のマンション×12ヶ月
  • 食費 480,000円
    4万円×12ヶ月
  • 光熱費 198,000円
    電気8,000円、ガス5,000円、水道3,500円×12ヶ月と仮定
  • 通信費(携帯、電話、ネット) 108,000円
    携帯2,000円(SIMフリー)、固定電話2,000円、インターネット5,000円×12ヶ月
  • 図書費 60,000円
    図書費として5,000円/月 
  • 英語 60,000円
    オンライン英会話として5,000円/月 
  • 美容院 43,200円
    カット5,400円×年8回
  • ジム 150,000円
    スポーツジム費用 12,500円×12ヶ月
  • 交際費 600,000円
    飲み会50,000円/月×12ヶ月
  • 旅行費 800,000円
    海外、国内、実家帰省等 ざっくり80万円
  • 衣服費 200,000円
    スーツ+私服でざっくり20万円
  • 小計 5,199,200円

車と小さい子供がいたらそれぞれ年間50万円ずつ追加されるのでしょう。
ざっくり計算すると500万円〜600万円は生活するのにお金がかけて、残りの150万円〜250万円は運用したり、趣味に使ったりするわけですね。
この事例は実在する人1,000万円プレイヤーを複数ヒアリングした上で、ある程度数字を丸めています。
比較的リアリティーがある数値だと思います。

逆に、嫁さんが専業主婦だったら、きっと余裕は50万円とかになりますね。
意外と残りません。投資(交際費、図書費、英会話等)も必要なので、まぁこんなもんですね。

月額10-20万円で足りる?結論:1,000万円では不倫は無理

年収1,000万円の人と不倫して身籠ったとしても150万円〜250万円の部分で取り上げることしか出来ません。
月額にすると10〜20万円。
(一方で、金融日記の試算だと22年で3,700万円、月額14万円なので、まぁ、同じようなレンジに入ってますね。)

ここで、疑問。
不倫女子は月額10-20万円で納得するんでしょうか?
きっと足りないと言うのでしょう。
一方で、男性側は、不倫して相手が身籠って月20万払ったら生活はカツカツです。
生活切り詰めて不倫はしたくないですよね。
嫁さんが専業主婦だったら家庭崩壊どころか家庭・愛人・自分の暮らしすべてが崩壊です。

となると年収1,000万円では双方にメリットがなさそうなので成立しづらくなります。
まぁ、男性がもっと稼ぐようになるという可能性は確かにあります。
その逆もあるので、なんとも言えません。

「彼ピッピの年収1,000万円あるから、不倫しても大丈夫、やっほ~い」と思っている女子は注意してください。
月額10-20万円ですので、実はジリ貧です。

不倫をするならちゃんと経済性を数値で考えろ!

不倫女子は、「年収1,000万円!!ハイスペ!生涯安泰!!不倫でもいい!!」と喜ぶ前に、ぜひその人のお金の使い方と余剰キャッシュがどのぐらい出るかを数値で計算してからアクションに移しましょう。
年収1,000万円でも年間200万円で暮らせる人であれば、ターゲットには入ってきます(そんな人いないと思いますが)。
戦略的に相手を選ばないと待ち受けている未来は厳しいモノになりますよ。

今回の話は、サラリーマンという前提でしたが、経営者となるとまた違ってきますね。
経営者に関しては、また別の機会にしましょう。

激務の心得を読んで乗り越えよう

コンサル・ファンドでの激務を通じて培った激務を涼しい顔で乗り切る為のノウハウをまとめました。
合わせてお読みください!

http://www.gekimu.com/
スポンサーリンク

コメント

  1. […]  コンサル・ファンドで学んだことを還元するブログ 年収1000万円で… ざっくり試算内訳: […]