外資系コンサルや投資銀行でクビになる時は何が起きるのか


世間的に「外資系企業は仕事が出来ないとクビになる」とか「投資銀行は社員をいつでも解雇できる派遣社員的なものと考えている」とか「外資系コンサルはアップ or アウトの世界で、出世できない奴はクビになる」とか言われているようです。ファームによって温度差はあれど噂通りですね。プロのスポーツ選手でも戦力外通告があるように、プロファームと言われるだけあってそういうものです。

プロのスポーツ選手が戦力外通告されるとファンの方なんかは、「前からそんな気がしてたんだよ、仕方ないよな〜」という納得感ありませんか?
外資系コンサルや投資銀行においても戦力外通告には前兆があり、周辺で一緒に働いている人はなんとなく理解しています。前兆を順を追って見てみましょう。

スポンサーリンク

STEP1:プロジェクト終了後のフィードバックが厳しかった


コンサルなり投資銀行の仕事はプロジェクト単位が多く、1ヶ月〜3ヶ月程度の期間が区切られています。プロジェクト終了後にプロマネや担当のパートナーからプロジェクトにおける活躍っぷりや改善点といったフィードバックをもらうのですが、ここで評価が低いとヤヴァイです。

しかし1人のプロマネやパートナーに低い評価をされただけでは、戦力外通告も出ませんしクビにもなりません。

プロマネやチームメンバー、クライアントとの相性もありますし、他のチームではパフォームするかもしれません。

STEP2:プロジェクトにアサインされなくなり、「アイツ微妙」的な噂が流れ始める


イマイチな評価が続くとプロジェクトにアサインされにくくなり、なんとなく社内イベントや研修や営業用の資料作成の支援といった内向きな(ノンチャージャブルな)仕事が増えます。社内で空いているプロジェクトがない場合は、誰でもいわゆる待ち状態(ビーチと言ったりする)になりますのでそんなに特別な事ではありません。最初は暇な待ち状態(ビーチ)も社畜の無職ハイの様に楽しめますが、だんだんと忙しそうに働いている同僚が羨ましくなり、辛くなってきます。社内的にも悪いうわさが回ります。(外資コンサルよりも外資金融の方がこの工程は短い印象があります。コンサルは比較的優しいですね。)

プロファームの世界は、ものすごく分かりやすいほどのレッテル文化であり、「使えない」と思われたら終了と思ったほうがいいです。

STEP3:死期を感じ始める


プロファームで働く皆さんは、もともと(学歴的・偏差値的に)優秀なので、自分が使えないと認識されていることは意外と早い段階で察知します。働く皆さんもプライドの高い方が多いため、戦力外通告を受ける前に自発的に”次のキャリア”を考え始めます。一方で、鈍感力に優れた1割の方は、居座り続けます。

STEP4:死の宣告


鈍感力に優れた1割の方は、ある日パートナー(役員)に呼び出されて死の宣告がくだされます。ファームによって2on1だったり、1on1だったりと違いはあれど、真面目にお話されます。話の内容を要約すると「ここだけが人生じゃないし、ハッピーになれる世界が他にあるから頑張ろうよ」といった内容でしょうか。お互いに大人ですので、感情的になって罵り合いになるようなことはありません。こういった制度であることは事前に理解して入社してきていますし、先輩がそうなっている姿も直接見ている人も多いため、“戦力外通告”自体で揉めることはありません。もちろん、「不当解雇だ!」と騒ぎ立てて、無駄な裁判を起こす人もいません。

その後の人生はそんなに暗くない


その後、事業会社の経営企画部門に転職して、活躍するパターンがもっとも多いですし、ベンチャーに行ったり、自分で起業したり様々です。ちょっと格の落ちる同業に転職する例も見ますが、同じような評価を受けてしまうことが多いように思います。

ここで注意してほしいのは、外資系コンサルや投資銀行で戦力外通告を受けることは、その人が無能だとか仕事が出来ないということではありません。パートナーになれるのはほんの一握りの人達です。99%の外資系コンサルや投資銀行といったプロファームに勤務している人はどこかで退職するので、例え戦力外通告を受けたとしてもあまり落ち込まずに前向きに生きていきましょう。

対策はある!備えあれば憂い無し


突然の戦力外通告・クビに備えて、転職市場の動向を常にチェックしている人は多いです。OBやOGの方々の進路も1つの情報ですが、それ以外の社外の情報を獲るために転職エージェントに情報を登録して、自分の現実的な選択肢を常に把握している人が多いです。アソシエイトマネージャーといった若手はもちろんですが、ディレクターパートナーでさえもエージェントやヘッドハンターとは定期的にコンタクトをとって情報をアップデートしています。一方で、戦力外通告やクビになった人達の面倒を見て再生させるのも転職エージェントだったりします。プロの力を借りておいて損はありません。

また、プロジェクトが忙しくなると転職サイトやエージェントに登録するのもめんどくさくなってしまい、無駄に時間が流れていってしまいます。登録内容は後でいくらでも修正出来るので、思い立った時に勢いで登録しましょう。転職情報が定期的に流れてくるだけでも心に余裕が持てますよ。

まずはリクルート系を中心として2-3件登録して、本格的に利用するタイミングが来たらもう少し足してみてはどうでしょうか。備えあれば憂い無しです。


激務の心得を読んで乗り越えよう

コンサル・ファンドでの激務を通じて培った激務を涼しい顔で乗り切る為のノウハウをまとめました。
合わせてお読みください!

http://www.gekimu.com/
スポンサーリンク