ロジ周りができない奴は仕事ができない!


こんにちは、taikiです。
ビジネスの世界で”ロジ周り”という単語をよく使いますが、皆さんも使いますでしょうか?誰が使い始めたかは知りませんが、いわゆるミーティングや飲み会のスケジュール調整だったり、会場の予約だったり、備品の用意だったりといったイベント周辺の調整・準備業務のことを指して”ロジ周り”と使われております。いわゆる物流や倉庫といったロジスティクスの意味ではありません。

そんな雑務の代表格であるロジ周りを舐めてはいけません。人となりが見えてきます。

スポンサーリンク

ロジ周りを見ているとその人の仕事っぷりが見えてくる


“ロジ周り”は若手にお願いすることが多いですが、これを見ていると仕事の出来る・出来ないがよく見えてきます。私の経験則では、ロジ周りがしっかり出来ない人はだいたい仕事も出来ないことが多いです。若手にこの”ロジ周り”を嫌がる人も結構います。本業には関係のない雑務ぐらいに捉えているのですが、本当にそうでしょうか?

ロジ周りは契約交渉みたいなもの


極端に言ってしまえば、この”ロジ周り”は交渉です。ビジネスにおいて価格交渉や条件交渉が大事な要素というのは誰も異論はないと思います。
“ロジ周り”も各人のスケジュールの中から最適解を見つけて落とし所を見つける作業であり、各人の条件をまとめて落とし所を見つけるという交渉です。スケジュール調整という簡単な交渉もまとめることが出来ない様では、契約交渉なんて出来ません。若い人は、”ロジ周り”を舐めずに、キッチリとやり遂げてみてください。安心してロジ周りを任せられるようにならないと大きな仕事なんて任してもらえませんよ。

どんなことでも目的意識を持って進めていくと学びや改善点が見えてきます。こういう積み上げが将来の大きな差になるので、雑務と思ってめんどくさがらずにしっかりやり遂げましょう。

関連記事:ロジのあるある

こちらも合わせてどうぞ。

前回のロジ周りが出来ない奴は仕事が出来ない!に続き、せっかくなので、ロジ周りが出来ない人あるあるネタを。 常にどの日が良いですか?...

合わせてどうぞ

http://www.gekimu.com/
スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. […] 前回に続き、せっかくなので、ロジ周りが出来ない人あるあるネタを。 […]

  2. […] とかいろいろと考えていると以前書いたロジの記事と内容は違えど、本質的なことは同じだと。 むしろ、交渉の要素を含んでいるから、ロジの方が名刺入力よりも複雑性は増しているかも。 ロジでも、他の人のスケジュールを先読みしたり、締切から逆引きして、「このあたりにこんなミーティングをしたほうが良いのでは?」的な提案をしたりとクリエイティブな要素はあるんですよね。 […]

  3. […] ロジ周りができない奴は仕事ができない!http://www.datsusala-blog.com/consulting/271/ […]