フリーランスの人必見!スターバックスの上手な使い方

こんにちは、taikiです。

最近、スターバックスが勝ったとか負けたとかそんな記事が流行っていますが、非喫煙者のフリーランス(個人事業主、中小企業のおっさん等)の皆様は、圧倒的にスターバックスですよね?

スポンサーリンク

スタバカードを使ってコーヒー代は一括で会議費に!

確定申告の憂鬱な季節がやってきました。
領収書の束と格闘するこの時期はホント憂鬱になります。
あまりにも憂鬱すぎて、病気なんじゃないかと思いましたが、Twitterを見ると皆さん同じように感じているので、そういうものだと少し安心しました。

そんな領収書の束との格闘が解消されるのが、スタバカードです。
スターバックスカードとクレジットカードによるオートチャージ機能のコンボが便利過ぎて、これの為に数多くあるカフェの中からスタバを選んで使っていると言っても過言ではありません。

以前は、毎回小銭とレシートで、レシートの管理がめんどくさかったのですが、スタバカードにしたら楽ちんなんです。
支払いで小銭の準備が要らなくなることは言うまでもなく、会社用のカードでオートチャージにしておくと経費精算の負担がとても減ります。

↑こんなレシートの束とはお別れしましょう

私は、仕事の合間だったり、ちょっと物事を考えたい時や仕事の環境を変えたい時はスタバみたいなカフェに行って仕事をすることがあります。
(スタバでノートPCを開いて、ドヤっってやっているあれですね。スミマセン。)

フリーランスの人やノートPCで仕事をしている人は意外とやってますよね?そんな人達は、ぜひスタバカードを作ってオートチャージ機能を使いましょう。

クレジットカードで引き落とされるので、明細は残るし、レシートは保存しなくても大丈夫なので、ホント便利ですよ。

クレジットカードの明細が領収書代わりになるのか心配な方もいらっしゃると思いますが、結論を言うとクレジットカードの明細は領収書代わりになります!
詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

マックもドトールもタリーズもダメ!やっぱりスタバ

スターバックス以外の選択肢にも、たくさんカフェはあります。
他の店ではダメな理由を考えてみましょう。

マック:高校生や大学生が多く、うるさい
ドトール:喫煙ルームが嫌
タリーズ:喫煙ルームが嫌
ルノアール:喫煙ルームが嫌
スターバックス:禁煙

喫煙ルームと若すぎる年齢層は絶対的に避けたいです。

絶対に負けられない戦いがそこにはある!!

もうそうなるとスターバックスしか選択肢がない。
タリーズは喫煙ルームがなければ使っても良いのですが、、、、残念。
(スターバックスとの差別化として企業戦略的は、正しいのだろう、、、)

スタバの食事が不味くても我慢できる理由はここにあるようです。

さらにスタバを使い倒すにはステンレスの蓋の頑丈なボトルを買おう


タンブラーやカップを利用している人は多いと思いますが、ここでは、蓋が頑丈なステンレスのスリムなボトルを用意することをオススメします。
なぜタンブラーやカップではなくステンレスのボトルかというと理由は3つ!

保温性 冷めない

単純に冷めません。
冷めたコーヒーを飲むと不味くて悲しい気分になりませんか?
しかも冷めて残ったコーヒーを捨てる罪悪感は、冷蔵庫の奥で存在を忘れられた食べ物が腐って出てきた時に処分する事に近いものがあります。

私は、捨てるのは嫌ですし、少しでも永く美味しい状態でコーヒーには生きていてほしいのです
昔可愛かったけど、年取ってもまったく劣化しない女性みたいな。。。。

話がそれた。

携帯性

蓋がちゃんとしまるので、カバンにいれて持ち運びやすいのです。
せっかく注文したコーヒーが飲みきれない事ありますよね?
そんなときも持ち帰れて勿体なくありません。
店外デート的な気分にさせてくれます。。。。。

話がそれた。

長居しても罪悪感が薄れる

もっともおすすめな理由はコレ。
スタバのボトルを持っていると長居をしても罪悪感が薄れます。
ボトルに中身が入っているかどうか見えないので便利です。
永久にドヤれますww

居候だと居心地悪いけど、ヒモ的になって開き直ったら俺の家になった感じでしょうか。
違うか。

結論:フリーランスはスタバカードとステンレスボトルでスタバを使い倒せ

フリーランスで働く人にとっては、ネット環境と電源があるスターバックスは強い味方です。(しかも禁煙!)
食べ物が不味いとかドトールに負けたとかネガティブな事を言う人もいますが、私にとってはなくなったら困る場所です。
もはや私にとっては、スターバックはビジネスパートナーです!
スタバカードとステンレスボトルのコンビでビジネスパートナーどころか共同創業者なんじゃないかと思うようになってきました。(言い過ぎました)。

最近、大学生っぽい人もチョイチョイ見かけるので、値上げして敷居をあげて、もっと大人の空間にしてほしいものです。
ぜひ、ご活用ください!

スポンサーリンク

フォローする