【ひどい記事】せっかくアンケートをとったのだからもう少し分析した方が良いチャート

こんにちは、taikiです。

私は、示唆にとまない資料を見るとガッカリした気分になります。
もう少し、頭を使って考えて意味を見出そうよと思うのです。
完全に職業病です。
そんな残念な記事をまたしても見つけてしまいました。

スポンサーリンク

これは上司に激詰めされる炎上レベル


出所:http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1609/27/news125.html
これ酷いです。
もっとも酷いポイントは、1位、2位と単純に順位を並べている所です。
せっかくN数が2,000以上あるのだから、もっと有効に活用すべきです。
単純に1位と2位であっても圧倒的な大差をつけての1位なのか僅差の1位なのかで意味合いが違います。
こんな順位だけの資料を上司に持っていったら、怒られませんか?
コンサルティングファームに限らずちょっと優秀な上司だったら質問攻めになりますし、昭和だったら灰皿でも飛んで来るんじゃないでしょうか。
きっとこんなこと言われますよ。

予想される上司の言動:
「なんでN数の表記がないの?何か意図はあるの?」
「各順位のマグニチュードがわからないよ」
「男性・女性・やってみたいバイトの切り口での示唆はないの?」
「これから何が言いたいの?バカなの?」
「頭使った?数値並べてお絵描きしただけ?俺がやれって言ったからやっただけのやらされ仕事?」
「お前一般職?」
「頭悪いんだから頭使えよ!」

もう一捻りするにはどうしたらよいか

業界ごとにまとめてみる

単純に企業名だけを羅列するのではなく、業種ごとにグルーピングしてみてはどうでしょうか。
コンビニエンスストア、ホテル、飲食店、学習塾、テーマパークと非常に分かりやすい分類が出来ると思います。
その分類の中で、コンビニ業界の動向とかホテル業界の動向とか解像度を上げた議論が出来るようになってきます。

やってみたいバイトと役に立ちそうなバイトのギャップが大きい所に注目してみる

帝国ホテルなんて役に立ちそうと思っている一方で、やってみたいとみんな思わないのはなぜかとかそんな切り口で物事考えてみたいですね。
下位の方にも「やってみたい」と「役に立ちそう」のギャップが大きい企業がありますね。
このギャップに注目して、ブレイクダウンして考えたら何か示唆出せそうな気がしませんか?

男女のギャップが大きい所に注目してみる

同様に、男女ギャップが大きい企業も注目に値します。
コンビニは全てにおいて男性>女性です。
これはなんでなんでしょうかね。こうやって考えてみればアンケートからも示唆が見いだせますね。

数値はこうやって分析して、こうやって見せるんだよぉ

せめてN数のデータさえ公表してくれれば、「こうやって資料から示唆を出すんだよぉぉぉ、ドヤっっ!!」と言うのは私がやってみせるのですが、、、、さすがに数値ないと無理デス。
仕方ないので、過去の投稿でショボイ資料をパワーアップさせたこちらの事例でもご覧ください。

仕事しててもネットしててもフワッとしていてよく意図のわからない事を言ったり、書いたりする人っていませんか?? パーソナルなブログならまだし...

なんでこんなクソ記事が出来上がって、どうやって承認がおりるかはわかりませんが、私もクソ記事を書かないように自戒の念を込めて書いてみました。
この手のクソ記事をブログのネタにすることによって、もう少しマシな資料が世の中に出回って、頭を使って考える行為を促したいです。

スポンサーリンク

フォローする