コンサルファームの新人よ、愛想の良さは重要だぞ


コンサルに限らず仕事をしていて、愛想が良くない人っていますよね。
経営コンサルティングみたいな"高級なサービス業"においては愛想の良さは極めて重要です。
いろんな本には、自頭の良さが重要とか書かれていますが、愛想の良さについてはイマイチ書かれていません。
ある意味、経営者向けの高級ホスト的な仕事ですので、愛想の良さは絶対に必要です。

スポンサーリンク

頭が良かろうが、高給取りだろうが、ハイスペだろうが、結局は客商売!

「愛想の良さ」をもう少しわかりやすく定義すると、”クライアントにいかに気に入られるか”でしょうか。
コンサルティングや投資銀行や投資ファンドといったいわゆるプロファームは、偉そうなことを語っても、結局は客商売です。
お客さんに気に入ってもらい、情報を出してもらって、価値を認めてもらって、その上で、またこの人と仕事したいと思ってもらえるかどうかです。

この愛想の良さは、コンサルでも上のポジションに行けば行くほど重要になります。

たまに”俺、経営コンサルタントでめっちゃ頭良くってイケてる”と勘違いする人がいます。
頭の良さだけでこの人が必要だと思われるのであれば、それでもいいのですが、残念ながら頭の良い人はいくらでもいます。
頭は良いけど、人とのコミュニケーションがあまり得意でなかったり、そもそも人より機械の方が好きな人は基本的なコンサルスキルを学んだと思ったら、違う道を模索したほうがいいと思います。

運良くコンサルや投資銀行と呼ばれるプロファームの世界に入った方は、頭の良さを磨き続けることも重要ですが、人当たりの良さを意識してください。
その手のコミュニケーションスキルを身に付けるためのトレーニングはもちろんあります。
これをやって試行錯誤すれば人間音痴な方でも、かなり改善されることでしょう。

人間音痴解決法はズバリこれ!

そのトレーニング方法とは、

ナンパ100本ノックです。

真面目に言ってます。渋谷でも新宿でもどこでもいいので、街に出て女の子に声をかけまくってください。
そうすれば、何が相手に好かれて、何が嫌われるかわかるようになってきます。

女性の方は、、、、どうすればいいのか、私はわかりません。ごめんなさい。
むしろ、意見くれ。

合わせてどうぞ

http://www.gekimu.com/
スポンサーリンク

フォローする