単純作業はつまらない?仕事が出来る人は意味は自分で見出す


岩瀬さんの単純作業に関する記事が話題になっています。

ライフネット生命の岩瀬大輔社長「インターンさせてほしいって言ってきた学生に名刺のExcel入力の仕事をあげたら2週間で辞めやがった。単純作業でも楽しめよ」

とりあえず、「辞めやがった」「単純作業でも楽しめよ」というのは悪意を感じますね(笑)
これをテキストだけで見るとキツイ、人をバカにした発言ですが、実際はそんなトーンではない。

まぁ、記事の良し悪しは置いておいて、岩瀬さんのこの発言には結構同意する部分が多い。

受身になったら面白い仕事なんてない!

インターンの学生が名刺の入力作業がつまらなくて2週間でやめたと言っているのですが、確かに機械のようにパンチャーとして無心になって打っていたらつまらないでしょう。
顧客データ分析を依頼されたと思ったら、違った印象を得られたのでしょう。
入力しつつ「社長が合われた方は業種別で構造化するとこんな感じになります。これを見ると○○業界の人はあまり人脈が無いんですか?以前XXさんがこんな発言していたので、当社のビジネスと○○業界がこんな感じで繋がると面白いので、○○業界の人にもアプローチしてみてはどうですか?」ぐらい気の利いたことが言えればよかったんですが、学生には無理か。

ただ、2週間インターンやっていたのであれば、岩瀬さんとのコミュニケーションは有ったはずで、「データ入力よろしく」以外にも様々なヒント的な助言もあったと思うのです。
岩瀬氏がこの学生をうまく使えなかったという意見を言う人もいるかもしれませんが、学生から押しかけてきて無理矢理採用してもらったんだから、もっと積極的にコミュニケーションをとって頭使って考えるべきですね。
社長を待ち伏せしてまで掴んだ座なのにもったいない。
この記事を読んで反省していればまだ若いからいくらでもやり直しが聞くはず。
もう大人になったはずなので、反省だけではなく、直接メールでもして、「当時はすみませんでした」とコンタクトしてみるのが良いですね。有り余る行動力があるはずなので。

ロジまわりはむしろ交渉を含む高度な仕事だった


本件についていろいろと考えていると以前書いたロジの記事と内容は違えど、本質的なことは同じであることに気付きました。
むしろ、交渉の要素を含んでいるから、ロジの方が名刺入力よりも複雑性は増しているかも。
ロジでも、他の人のスケジュールを先読みしたり、締切から逆引きして、「このあたりにこんなミーティングをしたほうが良いのでは?」的な提案をしたりとクリエイティブな要素はあるんですよね。

単純作業でもロジでもなんでも物事を多面的に見る視野の広さと常に主体的に、こうすればもっと良くなると考え続けることが大事ですね。
私も思考停止にならないように頑張ろう。

スポンサーリンク

フォローする